Drums写真 -スネア・ペダル-

写真名称解説感想など
Snare Pearl
FreeFloating
System
(ブラス仕様)

金属パーツを全て排除したシェルを打面ヘッドと下部のアルミシャーシではさみ込み、ラグポストで支える“フリーフローティングシステム”は、 シェル特有の音色をリアルに発揮するパール独特のデザイン。 繊細で華やかな音色のブラスシェルと、柔らかい音色のコパーシェルのそれぞれに、浅胴とピッコロをラインナップ。 そしてブラック仕上げのスチールシェルに1.6mmスチールフープを装備したFS1435Bも大人気。 新たにウルトラサウンド・スナッピー、グライドロック・ストレイナーを装備し、よりセンシティブなレスポンスを実現。

↓↓↓

Pearl

新品購入。購入時期:学生時代。購入価格は\5〜60,000くらい。

学生当時、ドラムを専門でやっていたところ、マイスネアが欲しくなったとき、ちょうど新発売になったのがこのスネア。
ブラスのスネア自体なかなか叩く機会はなかったのですが、加えて「シェルにパーツが固定されない」というところに惹かれ、I先輩からお金を借りて買いました。
steel製のシェルと比較するとすぐに違いが分かります。
リム・ショット(ふちを叩くこと)とセンターを一緒に叩くのが基本ですが、金属特有の「カンカン」という金切り声のような音よりもずっと丸みを帯びた音になって、大変気持ちよかったスネアです。
ただ、結構じゃじゃ馬なところがあって、ちゃんと中心を"鳴らして"あげないと「ボソッ」という音がします。正確なスネア打ちを身に着けないと難しいですね。
それと、ブラス特有だと思うのですが、ヘッドとの相性も結構難しいです。ヘッドは緩めよりもきつめのセッティングで鳴らしてあげるのが個人的には好きです。

Twin Foot Pedal Perl
TwinPedal

今ではもう見かけることはない、一昔前のツインペダルです。重量は5kgくらいあるでしょうか?大変重いペダルです。しかもWチェーン仕様と両方の強力なスプリングが強烈なパンチを生み出します。 TerryBozzioなどが使用しているDW(DrumWorkshop)製のものと比較してもその強力なビートは目を見張ると思います。

↓↓↓

Pearl

OBから購入。購入時期:学生時代。購入価格は\20,000くらい。

とにかく重い!!!シャフトも半端ないくらい重い。これでダブルキックをスライドでやろうとすると、ちゃんと踏み込まないとスカします。
で、メタル系のドコドコ(ツーバス)をやっていると、おそらく1分ほどでノックダウンします。
良いか悪いかはわかりませんが、体力づくりにはよろしいのでは???(^_^.)

Single Foot Pedal Gibraltar
INTRUDER

ジブラルタル製のシングルペダル。

↓↓↓

GIBRALTAR

新品購入。購入時期:学生時代。購入価格は\8,000くらい。

既にツーバスをやめ始めていた頃、とある楽器屋(忘れました)で特価で売っていたので即買いしました。
Gibraltar社はドラムのパーツ(スネアスタンドやドラムシステムなど)を手がけている会社でもあり、ハードウェアの提供に定評があることは知っていました。
実際、このペダルを使用してみて、形状はPealのペダルと似ているのですがダブルチェーンの割には非常に安定したビーターの動きがあり、力加減にも反応が早かったと思います。よいフットペダルだと思います。


Drums写真 -ヘッド・スティックなど-

写真名称解説感想など
Hydraulic EVANS
SnareHead
Hydraulic

耐久性に優れたオイル封入2プライ・コーテッドヘッド。基音を強調したサスティーンの短いサウンド。暴れやすいスネアや反響しやすい場所での使用に適しています。

↓↓↓

EVANS

新品購入。購入価格は\3,000くらい。

青いスネアヘッドに惹かれて買いました。というよりも、Drumマガジンか何かで誰かが使っていたので試しにと思って使い始めました。
元々、スネアは「鳴り」にこだわっていたので、「バィンッ」みたいな音よりも「タィンッ」の音がよかったので使って正解でした。
ブラスのスネアとの相性もバッチリで、クリアで抜けるような爽やかな音が作れます。
ただ、ちゃんと「鳴らさ」ないと…手が痛いっすよ(-_-;)

Kozo Suganuma Model Zildjyan
Stick
菅沼孝三モデル

菅沼孝三氏シグネチャーのスティック。 小さめのスクエアナイロンチップ、明るいつぶがクリアーに揃う“手数王”仕様特殊コーティングを施したスティックです。

↓↓↓

Zildjan

新品購入。購入価格は\1,500くらい。

元々、ZildjyanじゃなくてTAMAか何かだったような気が…。気のせいかも…。
まぁとにかく、MR.BIGのパットトーピー(Dr)も同じようなものを使っていて、それに感化されてTAMA製のスティックを使っていたのですが、長すぎたか何かで同じようなもので使いやすいのがないかなぁ…と 手数王のビデオを買ってみていたら、そこにこのスティックが…ということで菅沼モデルを買うようになりました。ナイロンチップがおしゃれですね。音は…好き好きです。メロウ系の音楽には使わないほうが よいとは思いますが…。

Munetaka Higuchi Model AHEAD
Stick
樋口宗孝モデル

人間工学に基づいたグリップ径。
VRS をグリップ内部に装着、手の疲労を軽減し長時間のプレイや素早いスティックワークをサポート。
木製スティックは重量やバランスの誤差が20%ほどあるのに比べ、AHEAD アルミ合金は 1% 未満です。
硬質で交換可能なカバーは、スティック本体と楽器の両方を保護。
高感度ナイロンチップは、異なる形状のチップを装着する事により様々なスタイルのプレーに適合します。

↓↓↓

AHEAD

新品購入。購入価格は\4,500くらい。

LOUDNESSの樋口宗孝氏のモデルです。なぜか木ではありません。アルミです。しかも高いです。丁度、発売になったばかりの頃に雑誌を見て買いにいきました。10回も使っていません。 はっきりいって重いです(^^ゞとても振り回せませんね。音は重いのでメタル系の私にはよかったんですが、如何せん、手数は稼げないですね。今のところ記念品的存在です。すいませんm(__)m。

StickCase TAMA
StickCase

スティックケース。
フロアタムに引っ掛けるためのフックや、タオル掛けがついているのが特徴。
収納がたくさんあるのも魅力。

↓↓↓

TAMA

新品購入。購入価格は\不明。

スティックを大量に持っていたため、当初はカバンに入れていたのですが、面倒になってきて安くて高機能のものがないかなぁ〜と思っていたらこれに当たりました。
今でもあるかは調べてないので分かりませんが、はっきりいって良いです。
ナイロンで丈夫ですし、何といっても収納力があります。見かけたら、是非使ってみてくださいね。


Drums写真 -その他-

写真名称解説感想など
チューニングキー TAMA
チューニングキー

TAMA製のチューニングキー

↓↓↓

TAMA

新品購入。購入価格は\800くらい。

ドラムをやっている人の必需品。
でも小さいから必ず無くしたり、何か買ったら付いてきたりで結構いっぱいある備品。
昔はPearl製のT字型のものを使っていましたが、回すのが疲れるので、カギ型にしました。
今はもっと便利なのがあるようです…。

Cow Bell Pearl
COW BELL

Pearl製のカウ・ベル

↓↓↓

Pearl

新品購入。購入価格は\不明。

MR.BIGのライブビデオと、パットトーピーのドラム教則ビデオを見ていて欲しくなった一品。大きさ(サイズ)で音階が変わります。

Baby Pouder Jhonson&Johnson
BabyPouder

ベビーパウダー
※これ以外に伝えることばがありません(^^ゞ

↓↓↓

Johnson&Johnson

新品購入。購入価格は\不明(安いです)。

特段、J&J製にこだわっているわけではないです。たまたまです。何でドラムとベビーパウダーかというと、これもパットトーピーの教則ビデオで紹介されていたのですが、 「靴の裏」って結構ペダル踏むときにベタベタしたり、スライドしなくて困ってませんか?
特にダブルやトリプルを踏むときにスライドしない靴だったりすると足首がつらいですよね(靴裏にガムテープを貼ったりもしてました)。ということで、すべりをよくするための潤滑剤で使ってました。
もし同じ悩みを持っている方がいたら、是非、トライしてみてください。結構馬鹿にしたものでもないですよ(^_-)-☆