11.RAVI指標

user-pic
0
◆解説◆

RAVI指標とは、レンジアクション・ベリフィケーション・インデックスの略で、レンジ内で推移する状態に焦点を絞った指標であり、当日の値動きが前日の値動き幅をどの程度上回っているかをみるものになります。
<RAVI指標の計算方法>
RAVI=(短期移動平均-長期移動平均)÷長期移動平均×100
RAVI指標が、基準値を下回った場合には、マーケットはレンジ内での推移と判断し、これ以上の場合はトレンドが現れている事を意味するという使い方をします。
同様の使用にADXがあります。ADXは二重に平滑されているのに比べて、RAVIは1度しか平滑されていないので、ADXより反応が早いという特徴があります。

◆使い方◆

RAVIshihyou.jpg

★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このブログ記事について

このページは、Bear'sProductsが2009年1月 8日 14:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10.パラボリックSAR」です。

次のブログ記事は「テクニカル分析について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


タグクラウド