2009.01.26 本日の焦点

user-pic
0
インフルエンザが次第に身近に感染しつつある感じがします。 通勤の電車でも「ゴホゴホ」と咳き込んでいる人をよく見かけます。 「手洗い」「うがい」はしっかりやって、感染しないように十分気をつけましょう!?

それでは本日の焦点です。
相変わらず、病に冒されている世界経済ですが、先週は株・為替共に軟調な展開でした。
今週は、水曜日にFOMCが開催されます。
米長期金利が2.1%前後(米10年国債)の低水準ですが、今後、更に低下していくのか?はたまたミラクルが起こるのか?世界中の注目を集めそうです。
(※参考:10年債は日本で1.2%前後くらい、英国で3%前後くらいです)?

また、今週はアジア諸国(中国・香港・シンガポール・台湾・韓国など)の旧正月にあたり、多くの市場が休場となりますので、日本時間ではあまり動きを期待するのは難しそうです。
その分、夜に取引が偏る傾向があります。

特に英国のGDP成長率は前期比-1.5%程度といわれていますので、まだ「買う」というよりは「戻りを売る」スタンスがワーク(work)しそうな感じがあります。
今回は、GBP/JPYを使った、テクニカル分析のひとつの方法をご紹介いたします。
※掲載のテクニカル分析を使ったトレードをご推奨しているわけではございません。テクニカル分析の使用方法または概念について解説したものです。お取引に際しましてはお客様自身の判断でお願いいたします。

【移動平均+トレンドライン+ウィリアムズ%R】
gbpjpy.gif
※トレンドラインは終値をベースに引いてあります。

このように、複数のテクニカル分析を組み合わせてマーケットを見てみますと、傾向と対策を客観的に判断できるのではないかと思います。
是非、いろいろな組み合わせで分析をしてみてください。

※1月23日のマーケットレート
(ダウ工業株30種平均)
始値 8108.79
高値 8152.59
安値 7909.03
終値 8077.56(-45.24)
(米ドル/円レート)
始値 88.878
高値 89.626
安値 87.968
終値 88.665(-0.213)

(その他株式市場 終値)
英FTSE100 4052.47(+0.24)
独DAX    4178.94(-40.48)
仏CAC40  2849.14(-20.48)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bearsproducts.net/mt/mt-tb.cgi/10

コメントする


★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このブログ記事について

このページは、Bear'sProductsが2009年1月26日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009.01.23 本日の焦点」です。

次のブログ記事は「2009.01.27 本日の焦点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


タグクラウド