2009.02.03 本日の焦点

user-pic
0
やっと重病の風邪から開放されつつあります。足掛け10日くらいかかりましたね。引き続き、人ごみではマスクを装着して予防をこころがけましょう!!!

本日は、個人的にも注目している、オーストラリア準備銀行(RBA)のレートアナウンスメントが発表されます。
オセアニア圏の通貨は、旧くから日本でFXを取引されている方であれば知らない方はいらっしゃらないと思います。そのくらい、日本(というか、アジア圏といったほうが正しいでしょうか・・・)と密接に関っている国のひとつです。
現在、アジア諸国(特に日本)も金融危機の影響が大きいため、「利下げ」の度合いが注目されます。
現在の貸付利率が4.25%くらいになりまして、この経済状態から、1%以上の下げ」になるという話もちらほら・・・。

ちなみに、この商圏は日本が最大の輸出相手国で、鉄鉱石や石炭や牛肉といったものが輸出されています。
  • 輸出高    約1,270億AUD(約800億米ドル)
  • GDP成長率 約3%
  • 失業率    約5%
下図の月足データをご覧ください。現在、AUDJPYの水準は過去最低水準にあります。
(図1:AUDJPY月足 1996年7月くらいから)
audjpy_1.jpg
もうひとつ日足のチャートを見てください。直近でも下値水準に近くなっていることが見てとれると思います。
(図2:AUDJPY日足)
audjpy_2.jpg

図1と図2の両方を見てしまうと、「今が買いか!?」ということになると思いますが、ここで一呼吸おきましょう。
実は、AUDUSDの価格です。
現在、0.63873米ドルくらいで取引がされているのですが、過去には0.5米ドル以下まで下げたこともありますので、米ドルに対してはまだ下げ余地があることがチャートから伺うことができます。

今回の利下げ観測が実行され、利下げが行われたとして、果たして豪ドルを含むオセアニア通貨の復活となるか!?注目していきたいところですね。

(ことば)
・オーストラリア準備銀行 (--じゅんびぎんこう、The Reserve Bank of Australia, RBA) は、オーストラリア連邦の中央銀行であり同国のオーストラリア・ドルのポリマー紙幣唯一の発券銀行である。本店はシドニーにある。---出典:?フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

※2月2日のマーケットレート
(ダウ工業株30種平均)
始値 8000.62
高値 8000.62
安値 7867.37
終値 7936.83(‐64.03)
(米ドル/円レート)
始値 89.758
高値 90.016
安値 88.798
終値 89.423(-0.493)

(その他株式市場 終値)
英FTSE100 4077.78(‐71.86)
独DAX    4271.04(‐67.31)
仏CAC40  2930.05(‐43.87)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bearsproducts.net/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする


★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このブログ記事について

このページは、Bear'sProductsが2009年2月 3日 15:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009.02.02 本日の焦点」です。

次のブログ記事は「2009.02.03 本日の焦点(追加)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


タグクラウド