2009.02.06 本日の焦点

user-pic
0
昨日は主要通貨が力強く上昇してきましたね。
BOE(イングランド銀行)が50bp(ベーシスポイント)の利下げを行い、政策金利(基準貸付利率)が1.00%となりました。
ECBは金利据え置き。トリシェ総裁も利下げ断行から一息入れて様子をみたいというところでしょうか。
これを受けて、GBP・EURなどの主要通貨が切り返してきています。ただ、大勢のトレンドが転換したわけではないので、欧州通貨に買いが継続するかどうかがカギになると思われます。引き続き、チャートのトレンドには注意していきたいところですね。

欧州の流れを受けて、米国はダウが反発しました。ここしばらく売りが多かったせいか、その反動で金融株を中心に買いが集まった感じです。ダウの反発を受けUSDにも買いが入り、終値ベースで1
円以上(道中ですと2円以上)の円安ドル高になりました。
チャートを見る限り、少なくとも半値は戻す公算が高いとみますと、90.5円くらいが直近のターニングになるのではないかと個人的にみています。

今日は米国の雇用統計がありますね。非農業部門雇用者数が先月比で50?55万人減と予想する向きが大勢を占めています(レンジ的には約40?80万人の間くらい)。あとはフタをあけてみないと分かりませんが、1月には米新大統領の就任はあったものの、以前にもブログで書きましたが歴代の流れから考えますと、特に民主党選出大統領は政策効果が出るのが遅い傾向があるのと、1月に既に効果が出ているとは考えづらいので、予想どおりの数値で収まってくるのではないかと思われます。
いずれにしても、今月の重要視するイベントのひとつでもありますので、しっかりとマーケットの動きは見ておきましょう!(発表はJST21:00から2:30頃の予定です)

今日は、ドル円のチャートを掲載します。何かのお役に立てれば幸いです。
USD/JPY 日足チャート(移動平均+RSI付き)
usdjpy20090206.jpg

※2月5日のマーケットレート
(ダウ工業株30種平均)
始値 7954.83
高値 8107.83
安値 7845.31
終値 8063.07(+106.41)
(米ドル/円レート)
始値 89.415
高値 92.231
安値 89.198
終値 91.213(+1.794)

(その他株式市場 終値)
英FTSE100 4228.93(+ 0.33)
独DAX    4510.49(+ 17.70)
仏CAC40  3066.29(‐ 2.70)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bearsproducts.net/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする


★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このブログ記事について

このページは、Bear'sProductsが2009年2月 6日 13:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009.02.05 本日の焦点」です。

次のブログ記事は「2009.02.09 本日の焦点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


タグクラウド