2009年3月アーカイブ

いきなりですが、多忙で更新が止まっていたサイトを新しく作り直しました。
「超早分かり!テクニカル分析」というタイトルにしたのは、優柔不断な筆者が数多の資産運用方法の中で「相場」を取り組む際に必ず利用しているもので、少しでもご覧いただけた方のお役に立てられればと思い立ち上げているブログです。

ここ1年ほどは相場が荒れ狂っていて、なかなかチャンスをつかめずに逆にピンチをつかんだ方も多かったように感じます。

時には勘も大切だとは思うのですが、やはりある程度のロジックは持ち合わせておくのに越したことはないというのが実際だと思います。

若干、難しい言語等もあるかと思います。毎日更新はできませんが、時間を見つけて適宜対応していきたいと思います。

宜しくお願いします<(_?_)>

★手始めに・・・
今日(25日)の日経平均株価の推移です。
日終値 8,488.30(03/24)
始値 8,499.69(09:01)
高値 8,553.01(13:02)
安値 8,392.56(10:33)
終値 8,479.99(前比-8.31)
3月10日の7,050円水準から足掛け2週間で1,400円の戻しですか・・・。
移動平均との乖離を見てみます。
私は「5日」「10日」「25日」というスパンでいつも見ています。
詳しくは左のメニューから「デュアル単純移動平均線」の説明をご覧いただきたいのですが、短期(5日)・中期(10日)線が長期線(25日)を先週末に完全に抜けていて、「ゴールデンクロス」になっていますので、上昇トレンドであることに変わりはありませんが、勢いよく移動平均線と実際の価格に乖離がでているので、週末にかけて一度ダレる(下げる)傾向が出やすくはなってますね。

あとはNYダウ、FTSE、DAX あたりも水準を少し戻しつつあるものの、なかなかどうして出来高がもう少し厚くならないと完全なアップトレンドの形成というのは厳しいのでは???と個人的には考えています。

日経平均をやるのであれば、7,000円前後がまたくる可能性は否定できないので、待ってみたいところです。

これからも宜しくお願いいたします。


★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


最近のブログ記事

タグクラウド