04ドンチャン・チャネルの最近のブログ記事

◆解説◆

ドンチャン・チャンネルは、開発者リチャード・ドンチャンの名前からきた指標です。
この指標名は(Donchan's Channel Breakout System)を略したものです。米国では人気の指標でトレンドフォロー型の指標として使われています。
分析の仕組みは誰でもわかる非常に簡単なシステムです。
一定期間の最高値を超えたら買い、逆に一定期間の最安値を割り込んだら
売り、という具合に、いわゆる「順張り」の指標なのです。
例えば、現在上昇トレンドにある相場であっても、道中上がり下がりがありどこが頂点かわかりませんが、一定期間の最安値を切らない限り売りとはならず、上昇トレンドの状態では徹底的に上昇について行くというロジックです。
「安いから買い、高いから売る」という日本では当然の逆張り的発想とは対照的な考え方です。トレンドの明確な相場には強いが、もみ合い相場には弱そうです。
使い方を間違えると高値買いの安値売りとなってしまいそうで注意が必要です。

◆使い方◆ 

donchan.jpg

★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち04ドンチャン・チャネルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは03CCI商品チャンネル指数です。

次のカテゴリは05方向性指数です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


最近のブログ記事

タグクラウド