08プライス・チャネルの最近のブログ記事

◆解説◆

チャートにバンドをかけたもので、プライス・チャネルは最もシンプルな分析方法です。
・アッパー・バンド=当日を含む過去n日間の高値を実線
・ローアー・バンド=当日を含む過去n日間の安値を実線
・アッパー・バンドの作成≠日々の上限のポイントを線で繋げる
・ローアー・バンドの作成≠日々の下限のポイントを線で繋げる

<プライス・チャネルの考え方>
売買のシグナルとしてプライス・チャネルを用いる場合は以下の通りとなります。
・買い建て=実線がアッパー・バンドを上抜けしてきた場合
・売り建て=実線がローアー・バンドを下抜けしてきた場合?

つまり、ポジションをとるのは直近(n日間)の高値または安値を更新してきた場合のみとなります。つまりある一定のトレンドが確立されてから、そのトレンドに沿った形でポジションをとるということになります。

◆使い方◆

pricechanel.jpg

★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち08プライス・チャネルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは07ケルトナー・チャネルです。

次のカテゴリは09ピボットです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


最近のブログ記事

タグクラウド