09ピボットの最近のブログ記事

9.ピボット

user-pic
0
◆解説◆

ピボットは、「パラボリックSAR」と同様、J. W.ワイルダー氏によって開発された指標です。
前日の価格を用いて当日のサポート(支持)/レジスタンス(抵抗)
水準を予測しようという指標で、リアクション・トレンド・シス
テムとも呼ばれています。
<ピボットの計算方法>
ピボット=(前日高値+前日安値+前日終値)÷3
・サポートライン1=ピボット×2-前日高値?
・サポートライン2=ピボット-(レジスタンス1-サポート1)
・レジスタンスライン1=ピボット×2-前日安値 ?
・レジスタンスライン2=(ピボット-サポート1)+レジスタンス1?
<ピボットの見方・使い方>
(サポートライン1=S1、サポートライン2=S2、
レジスタンスライン1=R1、レジスタンスライン2=R2とします。)
・S1またはS2を価格が割り込んだら売りシグナル
 S1を下抜けた場合売り建てし、S2を割り込んだ場合には売り増し。
・R1またはR2を価格が上抜いたら買いシグナル
 R1を上抜けた場合買い建てし、R2を超えた場合には買い増し。

◆使い方◆

pivot.jpg

★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち09ピボットカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは08プライス・チャネルです。

次のカテゴリは10パラボリックSARです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


最近のブログ記事

タグクラウド