07. 移動平均収束拡散の最近のブログ記事

◆解説◆

移動平均収束拡散は一般的にはMACDとよばれMoving Average Convergence and Divergenceを略したものです。
ジェラルド・アベルによって開発されました。
通常の単純移動平均線ではなく、指数平滑移動平均を使用して、短期、長期の2本の指数平滑移動平均線の差を求めたもので、この差が最大になったとき相場の転換点といった見方をいたします。

◆使い方◆

movingavesyuusokukakusan.jpg

★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち07. 移動平均収束拡散カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは06. 一目均衡表です。

次のカテゴリは08. MACDヒストグラムです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


最近のブログ記事

タグクラウド